小児肥満の原因と対策

近年、肥満になる子供が少なくないようですが、どのような原因が考えられるのでしょう。カロリー過多なために肥満になる子供が多いようです。まだ小さいうちからファストフードばかり食べていたり、高脂質の食事や、甘いものを食べていては、肥満になってしまいます。離乳食の段階からまず果汁の与えすぎに注意しましょう。

なるべく薄味で天然だしを利用し、食事は和食を中心に一汁三菜が基本です。近年では、ファストフードの食事が好きな子供、カレーやスパゲティなどの単品の料理が好きな子供が多いですが、肥満の原因になりがちです。ジュースやおやつの摂取量についても、気をつけていきましょう。外で活発に遊ぶ子供の姿は、この頃は少なくなりました。家にこもってゲームをする子供が増えています。ゲームの時間は節度を持って、が大事です。子供の肥満の原因の一つに、運動不足があります。体を動かす習慣づけをすることで、肥満を予防することが可能です。近年では、テレビCMで子供を引きつけるような食品などもあります。テレビの時間を減らして外で思いっきり遊ぶようにすれば肥満の原因となる運動不足も解消でき、食品の誘惑も避けられて一石二鳥です。子供の肥満の原因には、生活サイクルの乱れもあります。寝る時間、起きる時間を早め早めに設定し、1日3食をきちんと食べ、お通じもよい状態を保つことで、肥満の原因を取り除けます。健康的な生活と、栄養バランスのとれた適度な食事が、子供の肥満対策に有効です。肥満の原因が大人にあることもありますので、確認してみてください。

コメントを残す