リバウンドの仕組みと対策

ダイエットをするとほぼ確実に発生してしまうリバウンドには、どんな対策が有効なのでしょうか。リバウンドがなぜ発生するか、まずは仕組みを知りましょう。なぜリバウンドが起きるかがわかれば、リバウンド対策の立て方がわかるようになることでしょう。ダイエットをしようと思い立った時には、ほとんどの場合、食事の量を減らして、運動をしはじめると思います。

カロリーチェックをして、低カロリーの食材を意識して摂取するようにしながら、運動量を増やすというのが定番です。多くの場合、ダイエットをすると1週間くらいは、すいすいと体重が減ります。リバウンドなんて自分には起きないんじゃないかというくらい、ダイエットがスムーズです。ですが、最初の段階をすぎると急に体重は減りにくくなります。食事を減らし、運動もしているのに、体重の減りが止まるのです。体重が減少しないだけでなく、何かのきっかけでリバウンドしてしまうこともあります。これは、ホメオスタシスが原因です。食事の供給が何らかの理由で途絶えた場合、生命機能を維持するために存在しているのがホメオスタシスで、体内の状態を一定に保つためのものです。極端に食べ物を減らしたダイエットをすると、体は緊急事態と認識して消費カロリーを極端に減らし体内に残っているエネルギーを貯めようとするのです。しかし、このホメオスタシスが働くようになると、せっせとダイエットをしても効果は今1つということになります。ホメオスタシスの働きで、体脂肪の蓄積率が良くなっていれば、リバウンドの危険性も増します。ダイエットをしながらリバウンド対策をするためには、ホメオスタシスが働かないような長期間で取り組めるダイエットをする必要があるのでしょう。

コメントを残す