インプラント治療

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもインプラント治療のリスクが増大します。もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればもう少し粘ってみてください。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療可能になっています。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。

コメントを残す