無担保と有担保による事業者ローンについて

無担保、保証人不要で融資が受けられる点が事業者ローンの長所ですが、担保を使うこともあります。ローンを組む時に担保がいらないことは確かにいいことですが、その場合、借入額に限界があり、高金利になります。借入金額に上限がある無担保融資は、大きな設備投資を必要としている時や、会社を設立したい時などに必要になることがあります。

大口の融資を受けたい時は、むしろ担保を使って、いい条件で融資を受けることです。担保がない融資より、担保がある融資の方が、金融会社にとってもリスクが低くなります。お金を貸す側も、担保があった方が安心して融資を行えます。月々の返済額を低く抑えることもできるので、操業がしやすくなります。担保を使って事業者ローンを組むのであれば、抵当権を設定して土地を担保にする方法をとります。この方法のネックは、抵当権の設定や、ローンの審査に時間がかかってしまうので、時間的余裕のある人向けという点です。また、借りたお金が返しきれなくなった場合は、担保を手放さなくてはなりません。融資金額は高額ですが、返済ができなくなった時の覚悟が必要になるでしょう。事業者ローン融資を受ける時は、担保を入れるか入れないかで条件が大きく異なってきますので、事前に返済計画を考えることです。

コメントを残す