残価設定ローンの注意点

どんなことに気を付けて、残価設定ローンを利用して自動車を買ったらよいのでしょう。必ずしも保障されていないのが、ローン終了時点の残価です。ローンが終わるときに残価を下回る車の査定額になってしまったら支払わなければならないのが差額です。走行距離が長すぎたり、車に傷がついていたりすると査定額が下がる可能性があります。

あまり残価設定ローンが向かないのは、車をいじったり、ドレスアップすることが好きな人です。ローン終了時には元の状態に近い車を返す必要があるためです。車を選ぶときに、自分の好きなボディカラーの車よりは下取りのことを考えると下取りに有利な車にした方がいいというようなことも検討しなければなりません。ほんどの残価設定ローンは値引きがされていないので、車を最終的に買うことになったときには、かなり高い金額で車を購入することと同じになってしまいます。残価設定ローンははじめから利用せずに、支払金額を安くして車を買うことができるように、値下げ交渉をしたほうが、買い取りを数年後に考えているのであればいいのではないでしょうか。残価設定ローンの条件は、販売会社や提携先の金融機関によって大きく異なります。ディーラー同じ系列だとしても、金利や残価設定額が店ごとに変わってくることもあり得ます。同じ店でも担当者によって金利が異なることもありますので、残価設定ローンを組む時の貸付条件の確認は重要です。

コメントを残す