30代からの転職

30代になってから転職をしたいと思い立った人が、まずすべきことはどんなことなのでしょう。30代で転職をしようと思うと、年齢が壁になって立ちはだかります。30歳と29歳の差は意外と大きいものです。求人条件に年齢が絡むことは、かつては普通のことでした。今では、求人に関する法律の関係で、年齢を求人要項に加えることは難しくなりましたが、実際のところは年齢によって人を選びたい会社はたくさんあります。

募集年齢が明記されていなくても、求人内容を読んで、求めている人材の年齢の幅を推測することも必要です。転職活動をするには、30代は遅すぎるということはありません。しっかり情報収集をして求人を選び、企業研究をすることで採用の見込みはあります。何ができて、どんな実績を持っているかをはっきりさせることが、転職成功のコツです。この職種に関する技術は持っている、この方面ならば任せて欲しいという強みを有することです。20代の頃にどんな働き方をしていたか、転職に際して改めて考えてみましょう。そして自分の持ち味を発見することが大事です。職場で自分に対する評価を教えてもらうなどして、参考にしてみましょう。30代では、30代にしかない強みがありますので、その点を全面的に押し出せば20代と差をつけることができます。できないことではありませんので、30代からの転職に取り組んではどうでしょうか。SEの転職

コメントを残す