看護師の夜勤

看護師の夜勤は、16時間などの長時間の勤務となっているので、勤務中でも仮眠をとれることになっています。国の指針では、月に8回までとされていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。働いている病院の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になりやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由のひとつと考えられます。いわゆる看護師の人のための転職サイトの中で、祝い金をもらえるサイトが存在します。転職することでお金をくれるなんて嬉しい気持ちになりますよね。けれど、お祝い金を受け取るためには条件を満たしていなければならないことが多いので、申し込みの前に確認をしておくようにした方がよいでしょう。それから、お祝い金のないところの方がサービスが良い場合も出てきます。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊である上に職場によっても違ってきます。現場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっている場合が多いでしょう。2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方が人気があります。

コメントを残す