薬とは違うサプリメントの飲み方

健康や美容のためにサプリメントを使う人が増えています。薬と違って、日常的に利用する人も増加しています。医師から処方された薬とは違うサプリメントは、薬とは目的も使い方も違います。サプリメントの飲み方で知っておきたいことは何でしょう。サプリメントを飲む場合には、ジュースやコーヒーではなく、コップ1杯の水で飲みましょう。

薬とも共通する部分ですが、カフェインを含むものでサプリメントを摂取すると、体内に取り入れたい栄養素の吸収が阻害されてしまいます。サプリメントに含まれる栄養素を体内に消化吸収しやすくするためには、食前ではなく、食事をしてからサプリメントを飲むようにしてください。胃への刺激を軽減させるためには、食後30分以内のサプリメント摂取を心がけ、空腹時の利用を避けます。一方、薬は、いつ飲めばいいかはその薬によって様々です。持病があって薬を飲んでいる人は、サプリメントの利用について医師に話を聞きましょう。サプリメントによっては、血糖値に影響を及ぼすなどの作用が薬に関係することがあります。薬を服用している場合には、さらに気を付けましょう。栄養が摂れるからといって、たくさん摂取するのは逆効果です。飲みすぎたりしないで、正しい用法や用量を守ってサプリメントを使うようにしてください。幼児にサプリメントを与える人もいますが、せめて6才になってからにしましょう。うまく飲めなかったり、用量どおりに飲むと過剰摂取になる場合もあります。病院の指導に基づいて子供に投薬することは必要なこともありますが、サプリメントは保護者の判断に基づくので一層注意が必要です。

コメントを残す